sponsored link

高橋大輔の『道』・・人前で泣くのは恥ずかしいから・・・芸能界の裏話



高橋大輔選手やりました〜!!


転倒したけど、事前に成功率の低かった4回転ジャンプ
に果敢に挑みました。


どうせ死ぬなら前に倒れて死ぬ。

久しぶりに侍スピリットを見ました。

ありがとう〜!!

普段「人前で泣くのは恥ずかしい」と語っていた高橋大輔
選手、表彰台でメダルをかけられ、日の丸を仰ぎながら
目を真っ赤に腫らしていました。

(今回のメダル大きいですね。重そうです。しかも歪んでいる。
カナダでは銅の値段安くなっているのでしょうか?
金メダルも銀メダルもメッキはがせば銅ですから〜!!)


思わずもらい泣きしそうでした。


朝青竜引退、腰パン騒動、のあとだけにとても清々しい気持
ちになりました。


怪我からの復活劇でしたから余計に来るものがあります。


日本人は浪花節が好きですから仕方ありませんけどネ。


高橋大輔選手のフリーのプログラムはピエロの悲哀を描いた『道』。


アントニオ猪木さんがリングで暗誦する、一休さんの『道』を
思いだしましました。引用します。


この道をいけばどうなるものか

危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし

踏み出せばその一歩が道となり 

その一足が道となる

迷わず行けよ 行けばわかるさ



(大道芸人の男に金で買われて無理やり女にされて、ピエロとなって
一緒に働く少女の物語。泣ける映画です。


出だしでピエロが躓いて頭をかいたり、綱渡りで落ちそうにな
るコミカルな演技が面白く、とても楽しいものでした。


ただ、躓いて頭を掻いたのが、4回転転倒の真の原因だったことを
知る人は私だけかもしれません(*^_^*)


転倒した後、ピエロのように、即頭を掻けば、再度、4回転に挑戦
できたのに〜、残念!!(*^_^*)


それにしても、高橋選手、織田選手、小塚選手と男子フィギュア
明らかに日本のレベル高いですネ。


そんなに国のバックアップも無い中、ガンバッテます。
これからも期待してますヨ〜(*^_^*)

sponsored link


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。